視覚障害なんでもQ&A

このコーナーでは、目の不自由なことについての素朴な疑問・質問についてお答えしています。

もくじ(すべてページ内リンクです)

点字って何?

画像:点字版で点字を打つ様子目が不自由な人のための文字です。縦3点・横2点の凸点を組み合わせたもので、読むときは指で触り、書くときは点筆や点字タイプライターなどを使います。点字を使うためには一定の訓練が必要です。点字は、1825年にフランスのルイ・ブライユによって考案され、日本には1890年に伝わりました。点字で読書や投票ができますし、券売機に表記された点字なども街中で目にしますね。

白杖って何?

画像:白杖を使って、点字ブロック上を歩く人視覚障害者が使う白い杖のことです。 左右に振った杖の先が物や壁に当たることで、足下の安全を確認したり方向を修正します。このように視覚障害者の目や手の代わりとなる道具であり、同時に周りの人に目が不自由であることを知らせて注意を呼びかけるものでもあります。白杖を使って一人で歩くためには適切な訓練を受ける必要があり、また経験や他の感覚を活用しています。

点字ブロックって何?

画像:横断歩道に誘導する点字ブロック道路などに貼られた視覚障害者のための誘導の目印です。一時停止を促す“点ブロック"と、歩く方向を示す“線ブロック"があります。白杖で点字ブロックを辿っていくので、その上に自転車等が乗っているとぶつかってしまい危険です。黄色の点字ブロックは弱視の人にも分かりやすく誘導の助けになっています。

盲導犬って何?

画像:より安全な歩行が可能となる盲導犬歩行視覚障害者を安全に誘導するよう訓練を受けた犬です。人に噛み付いたり吠えることはありません。ペットとは違い、ハーネス(胴輪)を付けているいるときは仕事中なので、使用者の了解なしに触らないでください。盲導犬は、公共交通機関や飲食店、宿泊施設などにも入れることになっていますが、まだまだ社会にそれを知られていないので、拒否される場合もあるのです。

バリアフリーって何?

画像:バリアフリーの配慮が施された日用品日常生活で不便を感じる障壁(バリア)を取り除く(フリー)という意味です。この考えに基づき作られた、誰もが使いやすい「共用品」の中には、目の不自由な人も使いやすい商品もあります。例えば、シャンプーの容器にギザギザを付けることでリンスと区別がつくようにした物や、入れる方向が分かるように片側にくぼみがついているテレホンカード等です。音声付き時計や点字の付いたトランプや缶ビールなどもあります。このように、ちょっとした工夫や点字も付けることで目の不自由な人も使える物が増えていってほしいと願っています。

スポーツはするの?

画像:併走者を伴ってマラソンをする様子します。目の不自由な人も色々なスポーツを楽しんでいます。
ボールを転がす、音の鳴るボールを使うといった工夫で、野球や卓球等の球技が楽しめますし、見える人も見えない人も同じ条件で一緒に出来る球技もあります。また、見える人とペアになる事で出来るスポーツもあります。例えば、伴走者と走るマラソン(毎年3月に京都視覚障害者マラソン大会が開催されています)や登山などがそうです。ゴルフやスキー等はタイミングや方向等のアドバイスを見える人にしてもらえれば楽しめます。そう考えると、目が不自由でも、やり方次第で見える人と同様に様々なスポーツをする事が可能です。

パソコンは使うの?

画像:Windows を使っている様子使います。目の不自由な人もパソコンへの関心は高まっています。
ただし、そのままでは画面の文字が読めません。特にWindowsは視覚に頼る操作が多いので、目の不自由な人にとっては扱いづらいです。そこで音声ソフトや点字ピン・ディスプレイ(指で触って読む装置)を使います。弱視の人は、文字を拡大したり白黒反転させる等、自分に見やすい工夫をしています。目が不自由だと新聞や本等から情報を得る事にハンディがありますが、インターネットはそれを改善する事が可能なのです。

お金の区別はどうしてるの?

画像:さまざまなサイズのお金間違えないように色々と工夫して財布に入れています。
硬貨は、大きさ・重さ・ギザギザで区別しています。紙幣は、大きさが似ているので区別しにくいです(1万円→5千円→千円の順に横幅が短い)。お札の隅に視覚障害者用の識別マークがついていますが、使い古されてくるとわからないという声が多いです。そこで、お札ごとに折り方(三ツ折りと四ツ折り等)や財布にしまう場所を変える等の工夫をしています。

食事はどうしてるの?

もちろん、自分で食べます。食べ物が食器のどこにあるかは、お箸に触れた感覚で分かります。ただ、自分の分はどれだけの品数があるのか、テーブルのどこに食器が置かれているのか等は、見えている人のように一目では把握できません。そこで、食べる前に手で触って食器の位置を確認しています。

テレビや映画を見るの?

見える人と同じで、テレビや映画を楽しんでいます。
目が不自由なので、画像で楽しむ事は難しいですが、音声で楽しめます。音声から自分であれこれ想像したり雰囲気を楽しむのです。数は少ないですが、副音声で状況が説明させているテレビドラマもあります。

料理は作るの?

はい。主婦や一人暮らしで自炊している人も沢山います。
目が不自由でも、適切な訓練を受けたり工夫する事で料理を作る事は可能です。包丁を使う事は見えていなくても出来る事です。その他の調理も、音や匂いや菜箸で触った感触など、様々な感覚を使う事で見えない点をカバーしています。また、調味料の容器に点字シールを貼る人もいます。お茶も、練習する事でこぼさずに入れられるようになります。

お問い合せ先一覧 | アクセス | サイトマップ | サイトポリシー | Facebook 運用ポリシー | 個人情報保護方針 | アクセシビリティ方針+