白い杖をよろしく!(視覚障害者に出会ったら)

街などで目の不自由な人に出会ったとき、あなたにも簡単にできる援助の方法をご紹介しています。

もくじ(すべてページ内リンクです)

目の不自由な人を見かけたときは…

画像:声をかけてあげてください目の不自由な人を見かけたとき、どう声をかけていいのか迷ってしまうことはありませんか? 白い杖を持って一人で歩くことは、とても不安で精神力を要します。特に、混雑した場所や、駅のホーム、交差点などでは危険度は高まります。「何かお手伝いしましょうか?」と気軽に声をかけてくださいね。あなたのちょっとした勇気が、目の不自由な人の安心と安全につながります。

道を聞かれたときは…

画像:丁寧な説明をしてあげてください「あっち・そっち・あれ・それ」などの言葉を使った説明は、目の不自由な人にはわかりません。相手を基準にして「北に向かって二つ目の交差点を東に」とか「向いている方向に歩いて次の通りを左に」というように、東西南北や左右など具体的な表現を使って説明してくださいね。また、音や匂いなども手がかりとして利用できます。

誘導するときは…

画像:肘を貸してあげてください目の不自由な人を安全に誘導するための方法を「手引き」と言います。手引きする人は、右腕の肘のあたりを持ってもらい、二人が同じ方向を向いて、必ず見える人が半歩前を歩くように心掛けます。決して、白杖を引っ張ったり、後ろから押したり、手を引いたりしないでください。とても危険ですので、正しい手引きで安全に誘導しましょう。

一緒に歩いているときは…

画像:気をつけて歩いてください手引きしているときは、階段や歩道の段差などにも注意しながら、相手のペースに合わせて歩くことが大切です。また、二人分の幅をとって歩いているということも忘れないでください。周りの風景や様子などの説明があれば、目の不自由な人も一緒に楽しく歩くことができるでしょう。世間話でもしながら楽しく手引きすることも必要ですね。

手引きが終わったときは…

画像:周りの状況を教えてあげてください手引きが終わって立ち去る前には、必ず周りの状況や目の不自由な人が向いている方向や状態を説明してください。周囲に何があるかわからない状態で、突然手を離されるととても不安になります。また、手引きは、必ずしも相手の目的地まで一緒に行かなければならないものではなく、あなたのできる範囲の援助で構いません。

バスや電車の中で見かけたときは…

画像:空席を教えてあげるなどしてくださいバスや電車に乗ったとき、どこの席が空いているかわかりません。もし空席があれば、言葉の説明だけではなく、できればその席まで手引きしていただければと思います。目の不自由な人は、背もたれに手を触れることで座る方向がわかり、あとは自分で座ることができます。また、到着したバスや電車が自分の乗りたいものなのかどうかがわからないので、何系統か何行きに乗りたいかを聞き、バスや電車が来たときは一声かけていただくと安心ですね。

交差点や駅のホームで見かけたときは…

画像:周りの状況を教えてあげてください交差点や駅のホームは、目の不自由な人にとっても、特に不安になる場所であり、事故などの危険を伴う場所でもあります。必ず声をかけてもらい、必要であれば手引きで誘導してください。交差点で横断歩道を渡るとき、バスや電車に乗るときだけでも、お手伝いいただければ安心できますよね。

盲導犬を連れている人を見かけたときは…

画像:盲導犬がいても、声をかけてあげてください盲導犬は、白い杖と同じように目の不自由な人が安全に歩くための大切なパートナーです。決して盲導犬がどこにでも連れて行ってくれるわけではなく、使用者が盲導犬に指示を出しながら歩いているのです。もし目の不自由な人が盲導犬を連れて歩いていても、必ず声をかけてくださいね。

お問い合せ先一覧 | アクセス | サイトマップ | サイトポリシー | Facebook 運用ポリシー | 個人情報保護方針 | アクセシビリティ方針+