見えなくなっても・見えにくくなっても応援します!

見えなくなったり、見えにくくなったりすることによって生ずる不自由さや悩みは本当に大きなものがあります。けれども、各種の福祉サービスや制度を利用することで、それらが解消できることもたくさんあります。みなさんの不自由さや悩みが少しでも解決し自立した生活が送れるようになるための一助として、京都ライトハウスで利用できるサービスや、関連施設でのサービスをまとめてみました。

もくじ(すべてページ内リンクです)

  1. 生活全般について
  2. 福祉制度等について
  3. 教育について
  4. 就労について
  5. 趣味・仲間作りについて

1.生活全般について

見えなくなったり、見えにくくなった。

目が見えにくい・見えない方の様々な不安や悩みの相談を受け付けます。

家族の方のための視覚障害体験会や交流会を開催しています。

視覚障害者の相談員と当事者同士が相談できます。

一人で外出するのが不安。家に閉じこもりがちになった。

外出同行してくれるガイドヘルパーさんがいます。ご利用希望の方に、利用方法や手続きについて説明します。

白杖を利用して、一人で歩行できるよう歩行訓練が受けられます。

新聞や本が読めなくなって、情報が得られなくなった。本を読む楽しみがなくなってしまった。

点字の読み方、書き方などをおしえます

本や雑誌を音声化したテープやCD、点字の本を貸し出します。
また、読みたい図書や参考書の音訳、点訳などをします

墨字で書かれた手紙や書類などの代読、代筆などをします。

音声で利用できるパソコンや携帯電話があります。練習すれば、欲しい情報を自分で得ることができます。

見え方について
文字が見えにくいので読みやすくする方法がないか教えて欲しい。

視力・視野を有効に活用する工夫や方法を個別にアドバイスします。読み書きをしやすくするための、見えにくさに応じた補助具の紹介をします

もくじにもどる

2.福祉制度等について

どのような福祉制度やサービスが利用できるのか?手続きの方法についてなど教えてほしい。

身体障害者手帳の取得、補装具、日常生活用具について、その他利用できる公的サービスについて説明します。

眼科医が手帳診断書の作成や視覚障害などの相談を受け付けます

生活訓練について:見えないまたは、見えにくさはあるけれど、自立した生活を送りたい。自分のことは自分でできるようになりたい。生活の工夫など教えてほしい。

生活に関する訓練を受けることができます。

日常生活のなかで利用できる便利グッズを紹介します。

京都ライトハウスに来ることができなくても、身近な地域での相談会に参加できます。

障害年金について:働けなくなり、収入が途絶えてしまった。収入の確保について相談したい。

障害の程度によっては、障害年金が受給できる可能性があります。

もくじにもどる

3.教育について

子供の見え方について検診や学校で指摘があった。どんな教育が受けられるのか知りたい。

子供の視覚に関すること、子供の発達や子育てに関すること、おもちゃの選び方や遊び方など、さまざまな相談に応じます

もくじにもどる

4.就労について

視力が落ち現在の職場で働きづらくなってきた。働きたいがどうしたら良いかわからない。また、どんな職種・就労形態があるのかなど知りたい。

もくじにもどる

5.趣味・仲間作りについて

出かける場所や心休まる居場所、仲間がほしい。

ライトハウス内には、多種多様なサークルがあります。またその他にも仲間が集うサロンやイベントなど企画しています。

もくじにもどる

お問い合せ先一覧 | アクセス | サイトマップ | サイトポリシー | Facebook 運用ポリシー | 個人情報保護方針 | アクセシビリティ方針+