視覚障害とは──見えない・見えにくいってどんなこと?

このコーナーでは、目が見えないということを深くご理解いただくために、見えないことの不自由さや見えなくてもできることなど「目の不自由さの基礎知識」をご紹介しています。

見えないってどんなこと?

目が見えない(目が不自由である)とは、いったいどういうことでしょう? 私達人間は、あらゆる情報の約80%を視力から得ていると言われています。もしあなたがその視力を失ったとしたら…。目が不自由であることについて、少し考えてみましょう。

朝、目が覚めてから、夜、眠るまで、ご自分の日常生活を考えてみてください。もし目が不自由であれば、何気ない日常の動作が不自由に感じることでしょう。歯を磨く、食事をとる、新聞を見る、テレビを見るなど例を挙げだしたらキリがありません。

また、目が不自由というと、おそらく、まったく見えないことを想像された方も多いのではないでしょうか。しかし、目の不自由な人と言ってもまったく見えない方ばかりではありません。目が不自由と言われる半数近くはまったく見えないか光の明暗だけがわかる「全盲」の方で、後は少し見えますが日常生活に支障が生じている「弱視(ロービジョン)」の方なのです。

目が見えにくいと言っても、いろいろな見えにくさがあります。それぞれは単に見えにくいだけではなく、それぞれの「見えにくさ」があり、それぞれの「不自由さ」があります。いくつか代表的なものをご紹介しましょう。


画像:例:晴眼者の視覚で見たライトハウスの看板。くっきりと見える
通常
画像:例:白内障の見え方。ぼんやりと霞のかかった見え方
ぼんやりとしか見えない
画像:例:視野狭窄の見え方
見える範囲が狭い
画像:例:真ん中だけ見ることのできない視界
中心だけが見えない
画像:例:やはり霞かかった様子だが、ぼけているのではなく、白くモヤがかかった見え方
白くモヤがかかる
お問い合せ先一覧 | アクセス | サイトマップ | サイトポリシー | Facebook 運用ポリシー | 個人情報保護方針 | アクセシビリティ方針+