「京都市北部障害者地域生活支援センター ほくほく」ってどんな職場?

職員紹介

ほくほく建物外観氏名:Oouchi Yuuka
勤続年数:1年目

仕事のスケジュール(部署内での大まかなスケジュール)

時間 内容
9:00 ミーティング
予定を確認
9:10 利用者さん対応(電話対応、相談対応)、関係機関との連絡、事務処理
12:00 休憩
13:00 利用者さん対応(電話対応、相談対応)、関係機関との連絡、事務処理

質問① 現在の仕事でよかったこと、やりがいを感じたこと。

見えにくくなられた方に対し、拡大鏡や便利グッズ等を紹介した際、「これなら見える!」とそれまで暗かった表情が明るくなり、嬉しそうな顔を見ると、こちらも嬉しくなります。見えにくくなったことにより、趣味や仕事を続けることを諦める方も多くいらっしゃると思います。ですがそれは本意ではなく、悲しいことだと思います。道具の使用や工夫次第で、続けられる可能性があることを多くの方に知っていただけるよう、情報提供していきたいと思います。

質問② どんな職場?

ほくほくには、色々な障害を持った方からの相談が寄せられます。その方のお話を詳細にお聞きし、今抱えておられる問題や悩みを解決する為の最善の方法を真剣に考え、情報提供やサービス調整、関係機関との連携等を行います。

私が先輩方を見ていて感じることは、利用者の方1人1人に対し、全力で向き合っておられるということです。決して他人事ではなく、自分の事のように親身になって対応されている姿にいつも尊敬しています。

お問い合せ先一覧 | アクセス | サイトマップ | サイトポリシー | Facebook 運用ポリシー | 個人情報保護方針 | アクセシビリティ方針+