東京パラリンピックが終わり、朝夕も涼しくなってきました。
先日は、我が家の外灯にヤモリだけでなくカマキリの成虫まで出現。
飼っているわけではないのですが、いずれも自宅警備員だと勝手に思っています。

さて、東京パラリンピック。オリンピック同様、全種目が放送されないのは
残念ですが、様々なスポーツを観戦し、たくさんの興奮と感動をもらいました。
注目はブラインドサッカー。特に、ユニフォーム。それもフランス。
予選リーグ、日本対フランス戦。日本代表、ブラインドサッカーの
パラリンピック出場は初。しかも初戦。
にもかかわらず、試合はそれを微塵も感じさせない堂々とした戦いぶりと、
スピード感溢れる試合運び。体格の小さい日本選手でも、
勇気をもって激しくぶつかり合っていく様はさながら格闘技。
手に汗握る熱戦に見入る中、ふと気づきました。
フランス選手のユニフォームは、袖と胸元にバーっと、肩幅(背中)には
何か一文、墨点字で書いてある。ちなみにキーパーは袖と肩幅に墨点字、
というデザイン。さすがは点字の発祥国!
なんとか読めないものかと競技を観るかたわら、
フランスのユニフォームを食い入るように見る私。
袖と胸元はとにかくたくさん書いてあるので、絶対に無理。
背中の一文だけでも…!と、フランス選手の背中が映るたびに凝視しましたが、
ほんの一瞬。最初は13または46、次に12?、最後は124だったような…?
そのぐらいしか読めませんでした(それも大ハズレかもしれません)。
この時代、インターネットで調べればすぐにわかるのでしょうが、
それはなんか違う、と私の変なこだわり。けど気になる。
もし私と同じ思いでフランス戦をご覧になっていて、
何が書いてあったかご存知の方、どうかコッソリ教えてください。
そしてもう一度パラリンピックを振り返りたい方!
「パラリンピック大百科 抜粋版」を所蔵しています
(情報製作センターでお買い求めいただくこともできます)。
ぜひどうぞ。

(はなのぼう 10月号より)