「ひとりマスク騒動」

この号が出る頃にはパラリンピックも終わっているはずですが、
この原稿を書いているのはオリンピックが終わり、
パラリンピックが始まる狭間のお盆。
にもかかわらず、時折、朝晩涼しく過ごせる日があります。
何なら夜は寒く感じるほどのときもあったり。今年は梅雨の始まりも早かったし、
少しずつ何かが変わってきているのかなぁと感じます。

そんなある日。子どもの塾の迎えに車に乗り、交差点で信号待ちをしていると、
何やら口元がスースーと軽い感じ。ん?と思ったその矢先、はたと気付きました。
「マスク、してへんわ!!」

ペーパードライバーのくせに、時間に余裕を持たず家を出る私。
今から取りに戻っては間に合わない。帰りに寄ろうと思っていたスーパーは
どうしよう、ハンカチではあかんしな、私は車に残って一人で買いに行かせるか…
などと考えたそのとき。かつて私自身が言ったセリフを思い出したのです。
「グローブボックスに入れといたら、いつか何かの役に立たへんかな?」
とりあえず目的地に着いてから、おもむろに助手席前にあるグローブボックスを
ゴソゴソと。…お? 想定していたものではなく、ポイッと入っていた布マスクを
発見。これまた家族が予備に入れていたのでしょう。
ニオイを嗅いでしまうのはお約束。まぁ及第点。
まさか使用済みをこの中にはしまわへんやろ、
とひとり性善説を唱えてそのマスクを装着。ひと安心。
ん、本来探していたマスクは…? さらに覗きこむと、
奥の方に追いやられていました。ご存知、ア○ノマスク。
残念ながら今回も出番は無し。少し整理して、
またの機会に備えてもらうことにしました。

未だ猛威を振るう新型コロナウイルス。
はじめの方は患者の年齢層もわりと高めでしたが、
ここ最近の感染状況を見ていると圧倒的に若年層が増えています。
ワクチンの普及率も道半ば。若年層と言える年齢でもありませんが、
接種が終わっても手洗い、三密回避、そしてマスク着用を心がけたいと思います。

(はなのぼう 9月号より)