京都府南部サテライト事業6月「見えない方・見えにくい方へ お困りごとはありませんか?」

2019年05月01日 公開

京都府南部にお住まいの方を対象に、相談や情報提供、各種訓練(点字・パソコン・プレクストーク・白杖の使い方など)を次の日程で実施します。

午後には毎回テーマを掲げて学習する、参加フリーのサロンを開催しています。

いずれも参加費無料

日程

①2019年6月 5日(水)外出企画 「生八つ橋の手作り体験」
②2019年6月12日(水)会場 京田辺市障害者生活支援センター「ふらっと」
③2019年6月19日(水)会場 長岡京市立産業文化会館3階 会議室
④2019年6月26日(水)会場 山城北保健所 大会議室(宇治市)

①のスケジュール

13時20分 近鉄京都線「十条駅」改札前 集合
13時50分ごろ おたべ本館(京都市南区西九条高畠町35-2)着
14時〜15時30分 生八つ橋手作り体験・工場見学(粉を合わせ生八つ橋の生地作りから、三角形のおたべに仕上げるまで。試食します。)
15時40分ごろ おたべ本館にて 解散

その後、休憩所でお茶を召し上がる、店舗でのお買い物は各自でお楽しみください。

注意事項

  • 必ず、手引きの方と一緒にお申し込みください。
  • 手引きの方は体験することができません。視覚障害者の方の支援をお願いします。
  • 昼食は集合までに済ませてきてください。
  • 申込み時に、お名前と連絡先をお知らせください。
  • 体験料金 600円(ポストカードつき)当日徴収いたします。
  • 締め切り 5月21日(火)

②③④のスケジュール

10時30分〜12時 個別相談、各種訓練(要予約)
13時〜15時 「点字を読んでみよう、書いてみよう」

町の中には、たくさんの点字があふれています。

洗濯機や電子レンジ、缶ビールのふたにも点字がついています。エレベーターボタン横や、駅の階段手すりにもあります。小学4年生の国語の教科書では、点字が学習項目になっています。盲導犬や白杖と同じように、社会の中にも点字文化が理解されるようになってきました。

紙の上に浮き出た点を指先でそっと触れてみる。指先におさまる1マス中に、6個の点。この点を規則的に組み合わせていくと「文字」に変わります。点字は、読むことも書くこともできます。

今回は入門前の導入編。点字の仕組みを少しだけ、学びましょう。

必ず申込みをしてください。申込時には連絡先をお伝えください。

問合せ・申込み

京都ライトハウス「鳥居寮」(担当=京極 電話075-463-6455 平日9時〜17時30分)

  • 通う
  • 暮らす
  • 相談する
  • 楽しむ
  • 購入する
お問い合せ先一覧 | アクセス | サイトマップ | サイトポリシー | Facebook 運用ポリシー | 個人情報保護方針 | アクセシビリティ方針+