第55回「京つけもの処 近為」

千本今出川通りの北側にお店を構える、「近為」さんにお邪魔しました。

明治12年、創業140年にもなる老舗のお漬け物屋さんです。

市バス千本今出川停留所下車北へ徒歩5分、千本通りに面しており、京町家の重厚で落ち着いた外観が目を引きます。

濃紺の暖簾をくぐります。

*
(近為さん入り口)

入り口から入ってすぐの店内中央には、ひのな、千枚漬などの様々なお漬け物が並べられています。お味見などもさせていただけるようです。

また、店内左手のガラスケースにはあじろにお漬け物が詰められたセットのお品が、右手の壁面には奈良漬けや黄金づけ(お魚の粕漬け・みそ漬け)が並べられていました。

*
(様々なお漬け物)

近為さんの看板商品は「柚こぼし」。

お大根に柚の香りがさわやかな「柚こぼし」は、よく冷やし、そのままお酒のお友に、ご一服にもお勧めだそうです。

*
(看板商品、柚こぼし)

冬の季節のお勧めは「千枚漬」「すぐき」などで、春先には「菜の花」のお漬け物も楽しめるそうです。
夏は「茄子」などの旬の夏野菜がお勧め。

お土産、お歳暮等でご利用いただけるのはもちろんのこと、奥のお茶漬け席でお食事をいただくこともできます。

お座敷を少しのぞかせていただきました。

*
(お茶漬け席)

京都らしい静謐な坪庭を眺めながら、こだわりのお漬け物を楽しめます。

店名は、初代井上為次郎氏が修業されていたお漬け物屋さんの「近清(きんせい)」さんから「近」の一文字を引き継ぎ、為次郎さんの「為」をくっつけたもの。

大黒柱は創業当時のもので、以前はご家族が奥でお漬け物を漬けながら、表の店舗で販売を行っていたそうです。

観光シーズンは7割近くが遠方からのお客様ですが、通常だと5割が地元の方がお買い上げされるそう。

地元の方にも長く愛されてこられた「近為」さん。ぜひ一度訪れてみてください。

お土産の「柚ごぼう」

*
(FSトモニー 古屋雅子、情報ステーション 黒田菜月)

※撮影はお店の許可を頂いています。

近為

京都本店

〒602-8475京都市上京区千本通五辻上ル牡丹鉾町576
TEL:075-461-4072(代) FAX:075-461-4770
HP:http://www.kintame.co.jp/
営業時間:9:30~17:30
販売:年中無休(但し年始を除く)/ お茶漬け席:12月1日~新年1月6日の間は休業
JR京都駅,阪急電車四条大宮駅から市バス千本今出川停留所下車北へ徒歩5分

《お茶漬席》

お食事時間 11:00~15:00 (約50分)
◇おつけものコース 2,160円 (税込価格)
◇おつけもの+鮭粕漬コース 2,700円 (税込価格)

お問い合せ先一覧 | アクセス | サイトマップ | サイトポリシー | Facebook 運用ポリシー | 個人情報保護方針 | アクセシビリティ方針+