第34回「船岡山公園」

京都ライトハウスのマンスリーコラム「ほっこり・HOT千北」。
第34回目は「船岡山公園」をご紹介します。

京都ライトハウスの東方に標高111.89mの船岡山があり、船岡山には船岡山公園と建勲神社があります。千本北大路を東へ3分程行くと南側に、船岡山公園の入り口が見えてきます。市バス 船岡山のバス停からですと100m程西になります。

入り口

船岡山公園は昭和6年 市民の憩いの場として整備されました。船岡山公園内には桜をはじめ様々な草花や木々が植えられています。
なだらかな坂を上ると広い公園になっていて、藤棚の下では学生さんが集まり、ステージでは日向ぼっこするおじさん!?

公園

さらに階段を上っていくと山頂に到着。市内を一望することができます。山頂では景色を眺める年配のご夫婦に、楽器の練習をする人。

山頂への階段

取材日にはのんびりとした船岡山公園も、夏には五山の送り火の鑑賞スポットとして大〜変賑わいます。今回は左大文字と船形しか確認できなかったのですが、大文字と妙法も見えるそうです。

山頂から市内眺望

公園内にはベンチもありますので、これからの季節、お弁当を持って京都市内を眺めながら”ほっこり”してはいかかでしょう。

山頂からの左大文字

ほっこりするだけでは物足りない方には、歴史散策がおすすめ。鎌倉〜室町時代には山城が築かれ、お堀の跡が残っているそうです。応仁の乱の時には西軍がここを陣地にしたことから、船岡山周辺一帯が「西陣」と呼ばれるようになったという歴史もあります。「応仁永正戦跡」の石碑、平安時代の祭祀の場の痕跡と思われる磐座も探してみて下さい。

山頂


  • 所在地:京都市北区紫野北舟岡町
  • 関連行事:10月19日 船岡祭
  • 取材日:2012年4月18日
お問い合せ先一覧 | アクセス | サイトマップ | サイトポリシー | 個人情報保護方針 | アクセシビリティ方針+