かがやく視覚障害者の皆さん

見えない、見えにくくなってしまったら、何もできなくなってしまうのではないかと思っておられませんか? そうではありません。例えそのようになられたとしても、京都ライトハウスのような施設で「白杖歩行」や「点字読み書き」などの適切なリハビリテーション訓練を受けたり、様々な情報を得たり、ガイドヘルパーなどの支援制度を活用したりすることによって、日常の中で出会う種々の支障を乗り越えて自立した生活を送れるようになります。 実際に、元の職場に復帰したり、技術を身につけて新しい仕事に就いたり、家庭に戻って趣味を楽しんだりと、それぞれに有意義な人生を過ごしておられる方々が大勢おられます。このコーナーではそういったかがやく視覚障害者の皆さんを紹介していきたいと思います。

バックナンバー

15 件が該当します。うち 15 件の候補を表示中。
お問い合せ先一覧 | アクセス | サイトマップ | サイトポリシー | 個人情報保護方針 | アクセシビリティ方針+